銀行カードローンの審査基準

銀行カードローンで行われる審査基準

銀行カードローンを利用しようとした場合には、時間をかけて厳しい審査を行い、それに通過しなくてはなりませんが、ではこの銀行カードローンでは、どのような審査基準を設けているのでしょうか見ていきましょう。

 

一般的には消費者金融よりも銀行の方が金利が安い分、審査基準が厳しいといわれていますが、実はそうではないのです。

 

例えば三井住友銀行では保証会社としてSMBCコンシューマーファイナンシャルが付いていて、三菱東京UFJ銀行ではアコム株式会社が保証会社として付いています。

 

ですので消費者金融の審査とほとんど同じ審査基準を設けて行っています。では実際にカードローンを利用するには、どのようなことをチェックしていくのでしょうか見ていきましょう。

 

最も重要なことは返済能力があるかどうかになります。返済能力とは安定した収入があることが重要で、中でも安定したといった部分が重要になります。

 

例え自営業やタレント、漫画家といった不安定な職業で高年収の方と、収入は少ないが公務員や正規雇用といった安定した仕事をしている人では、後者の方が高評価となり借入がしやすくなります。

 

このほかにも住居形態や家族構成、同居人の有無、固定電話を有無などがチャック項目として設けています。住居形態は一軒家の方が賃貸よりも良く、同居人や家族構成などもいないよりもいた方が良い、固定電話は意外かもしれませんが、重要となります。

 

携帯電話のみですと返済が滞った際に連絡が取りにくく、簡単に解約もできてしまいますのでカードローンの申し込みの前に必ず準備しておきましょう。
情報の詳細は主婦でも借りられるカードローンこちらのサイトです。