カードローンの総量規制

カードローン利用時に気をつけたい総量規制とは?

もしも日常生活の中でお金が不足する事態に陥った時には、消費者金融や銀行のカードローンを契約すると不足額を的確に埋め合わせることが可能となります。カードローンとは一枚の個人専用カードを発行することで、これを用いて近場のATMからいつでも好きなタイミングで借り入れできる融資サービスのこと。審査時に決定された融資限度額の範囲内であれば何度でも、いくらでも融資金を引き出すことができるため、長期間にわたって自分の自由な裁量のもとで貸付けと返済を繰り返していくことができるのです。

 

しかしながら、カードローン審査時には気をつけておきたいこともあります。それが総量規制です。これは消費者金融において借入契約を行う際には重要なことで、すべての利用者は自らの年収の3分の1を超える融資を受けることができない決まりとなっているのです。これは一社に止まらず、他社からの借入の総量において判断しますので、もしも審査の段階ですでに他社から規制の金額ギリギリまでローン契約を行っている場合には、新たにそれ以上の契約を結ぶことはできなくなってしまいます。

 

ただし、この総量規制が適応されるのは貸金業法によって運営されている貸金業者のみで、これが銀行などになると対象外となります。つまり、ここでの契約においては条件さえ合致すれば年収の3分の1を超える融資を受けることが可能となるというわけなのです。これらそれぞれのメリットやデメリットを鑑みた上で、自らに最適なサービスを活用することを心がけるとよいでしょう。
こちら相双五城信用組合で書かれていますので参考にして下さい。