カードローンの限度額を増額

カードローンの限度額と増額について

カードローンには商品によっても違いはありますが、消費者金融では総量規制の影響もあり年収の1/3までが借入れ限度額と決められていますが、銀行のカードローンには特にそのような決まりはないので総量規制対象外という形で原則的には収入の1/3という規制はありません。審査方法でも他社の借入などがあれば、その金額も借入限度額に関係してくる事から、銀行の場合にはある程度は1/3を超える事も他の審査状況によって可能ですが、消費者金融ではあくまでも総量規制の限度内という契約しか認められていませせん。
増額の申請に関しては、常に返済状況や他社での借り入れ状況などをチェックする事で特に問題もなく契約から6か月以上であれば、大抵の商品では増額の申請はできるようにはなりますが、支払いの延滞や遅延などがあり借り入れや返済での失敗があるとなかなか増額審査での合格は難しくなるばかりか、減額や契約の契約を取り消される事もあるので注意が必要になります。
一般的に契約時の審査での有利不利があるのと同様に限度額を増やす事に関しても当然、これまでの利用状況だけでなく、再度収入や勤め先、住居などの基本属性や他社での借り入れ状況と自社での取引内容などをチェックする事で、問題がなければ審査に通りやすくはなりますが、何かひとつでも問題になると否決か減額などの危険性もあるので申請時には何も問題点はないかを充分に確認をしてから申し込むか、先方からの連絡や案内が来るのを待つかが基本的な方法になると言えます。